マイナンバーについては色々な議論がされています。ネガティブな印象を持っている人もいることでしょう。このページでは、そういった人向けに、マイナンバー収集を拒否するための手段をお教えしましょう。

マイナンバーを収集するのは、あなたの所属する会社にとっては「義務」です。経済産業省のページでも「義務」と明記されています。なので、会社はあなたに、どんなに拒否されようとも、マイナンバーを教えてくれとしつこく聞いてくるでしょう。当然です。義務なのですから。

でも、会社は国から義務付けられているから仕方なくあなたにマイナンバーを聞いているのです。恨むなら会社ではなく国を恨みましょう。

それで、会社としては、あなたのマイナンバーを確認できないと会社としての義務を果たせなくなります。それだと会社としては困ります。なので、会社としては、「会社としては集めようとしたけど、本人に断られたんだよ」と国に言い訳する必要があります。その言い訳がつくなら、マイナンバー収集を諦めてくれるかもしれません。

そういうことで、その言い訳をつきやすくしてあげましょう。「マイナンバー提出拒否のお知らせ」を作るのです。

フォーマットを作ってみました。これです。

マイナンバー提出拒否のお知らせ
中身はこんな感じ。すんげー単純な内容ですけど。

      マイナンバー提出拒否のお知らせ
株式会社◯◯
総務部長殿

私は、マイナンバー提出を拒否します。
マイナンバーを提出しないことによる全ての不利益を理解し、マイナンバーに関連する事務手続きについて、株式会社◯◯は私に対して一切の法的責任がないことを認めます。

◯◯年◯◯月◯◯日
住所
名前          印

これだけ。これを提出しておけば、とりあえず会社としてはマイナンバー収集の義務を果たせない原因はあなたにあることを国に証明できるので、おそらく会社としては引き下がってくれるでしょう。

この書類で重要なのは2点。1点目は、マイナンバー提出をあなたが拒否していることを明示して、会社としては集めようと頑張っていたことを証明していること。2点目は、マイナンバー関連事務に関して、会社は何も責任がないことを認めていること。この2点目は、つまりは「私のマイナンバーに関しては会社はもう何もしなくていい」と言っていることになります。なので、マイナンバーに関する手続きは全てあなたがやることになるし、もしこの書類の提出後に会社側に何か事務が発生したら、あなたが会社にその事務手続きの人件費を払うとか、そういうことになります。

ここまで書けば、たぶん会社は引き下がってくれます。あとは、国とあなたが直接ケンカしましょう。

個人的には、マイナンバーくらい教えてもイイんじゃないのと思いますけどね。悪用するなら、例えば運転免許証の番号とかは既にいろんなお店が本人確認のために利用していて思いっきり知ってるわけですけど、それで悪さした会社は私はあんまり知りません。もちろん悪いことする人は存在しますけど、基本的にはレアケースと言って良いと思います。社会全体の効率化のメリットの方が格段に大きいのではないでしょうか。これから日本は人口減社会になり、どんどん貧しくなっていきます。だからあらゆる効率化をしていかなくてはなりません。このマイナンバーは、その中の一手なのです。

ただ、やはりマイナンバー提出を拒否するというのはなかなかに度胸がいることです。たぶん、それをするあなたは、それだけのことをするに値する、何か強い動機があるのでしょう。それなら仕方ないかなとも思います。

国とケンカするとなればたぶん裁判とかになるのでしょうが、その過程は、おそらく法理学的には意味のあることにはなるでしょう。その意味では、国とケンカすることに価値はあるかもしれません。ただ、たぶんあなたと同じような人はあなたの他にもいるでしょう。だから、あなたが拒否しようとしまいと、同じような騒ぎは起こるでしょう。あなたがどちらを選んでも、社会的なインパクトは大差ないだろうと思います。

また、あなたがどちらを選ぶにしろ、国は、拒否する人が出てくることは想定していると思います。いろんな対策は打たれているのだろうと思います。

私は、あなたに、他の人と同じように、マイナンバーを会社へ提出してほしいです。私の信念としては、マイナンバーは行政手続きを効率化し、コストダウンにつながり、社会的メリットがあると考えています。だからこの文章を読んで、「しょうがないから提出してやるか」と心変わりしてくれないかなと思って書いています。その方が、行政コストは減るし、総務部の人の残業も減るし、良いことばかりのように思います。

しかし、拒否するならそれも道かなと思います。人間、結局は自分の信念に従って生きていくしかありません。もし本気でその道を選ぶなら、頑張ってみて下さい。


売掛金を即現金化する(ファクタリング)