「はん蔵」という製品があります。押印を簡単にするツールです。

残業時間削減にはん蔵!

「はん蔵」は、普通のハンコをシャチハタみたいに連打可能にするツールです。押印の時間を短縮できます。残業時間削減に効果を発揮するでしょう。

以前、シャチハタの印鑑はAmazonで買うべき!って記事を書きましたが、やはりシャチハタはシャチハタ。正式なハンコではありません。きちんとしたハンコをより便利に使いたい、という方も多いことでしょう。そういう人の選択肢として、はん蔵は活躍します。
はん蔵

三菱鉛筆 印鑑ホルダー ユニ はん蔵 黒 HLD502.24
by カエレバ

普通のハンコをシャチハタみたいにできる!

はん蔵は、筒状の形をしていて、その中にハンコをセットするようになっています。こんな感じに、はん蔵の中にハンコを突っ込みます。
はん蔵

入れました。
はん蔵

あとはポンポン押すだけです。
はん蔵

押せました。当然ながら、印影も普通のハンコと変わりありません。
はん蔵

はん蔵は先端部のフタに朱肉がついており、押す時に横にズレてハンコの表面が出るようになってます。そんで、押し終わって持ち上げるとこの朱肉がハンコ表面にまたくっついて、次のハンコの準備をするという具合。
はん蔵

連打してみた

実際に連打してみました。動画を撮ってみましたのでどうぞ。

簡単に連打できます。コツとかも必要なし。ただ押すだけ。
hanzou

どれくらい残業時間が減るの?

そんで、どれくらい残業時間が減るかですが、当然ながらハンコを押す頻度によります。たとえば一日に60回くらいハンコを押すとしましょうか。普通に1回ハンコを押す場合、朱肉にポンポンとハンコを付けてから押印しますよね。その、朱肉にポンポンの手間が省けるわけです。一回5秒くらいかな?それがゼロになるわけです。5秒*60回=300秒ということで、だいたい5分短縮。はん蔵を使うと、残業時間が一日あたり5分減るということになります。

1日あたり5分。まあそんなに劇的な効果があるわけじゃないですけど、業務改善ってチリツモでやるものじゃないですか。こういう地道なところからやっていくべきなんじゃないかな。仮に一年間の営業日が200日あるとすれば、削減時間は1000分。つまり1年で2.2人日の工数削減。

そして、なによりこのはん蔵は安い。今見たところでは、540円送料無料で買えます。わずか540円で、確実に効果を発揮して、工数を削減できる。小さな業務改善だけど、明らかに効果的です。540円で2.2人日削減できるんですよ。ハンコをたくさん押す人ってのは基本的に時給も高いわけで、たとえば時給5000円、1人日37,500円とすれば、この540円のはん蔵を買えば、1人日37,500円の人の工数を2.2人日削減できる。つまり約83,000円の節約。

540円で83,000円の節約ですよ。そう考えるととてつもない威力ですよね。

それに、何よりも、働く人自身にとっては自分の時間はプライスレス。お金の問題をナシにしても、残業は少ないほうが良いに決まってます。540円の出費で毎日5分早く帰れるなら、こりゃもう買うしかないでしょ。

そんなわけで、地道な業務改善に「はん蔵」オススメです!

三菱鉛筆 印鑑ホルダー ユニ はん蔵 黒 HLD502.24
by カエレバ

売掛金を即現金化する(ファクタリング)
ハンコ関連記事: