SE・プログラマーの単価については、さまざまな論点があり、適正金額を判断するのが難しい。発注者側としては、調整コストを重く感じることだろう。

そういう時に頼るべき、権威ある本がある。

それは、積算資料だ。この本に、SE・プログラマーの適正単価が載っている。

積算資料

この本は、土木系資材の相場価格が一覧になっている資料だ。継続的に市場調査がなされ、毎月発行されている。例えば、生コンクリートの表はこんな感じ。組成と調達地ごとに細かな表になっている。

積算資料 生コンクリート

積算資料 生コンクリート

そして、この積算資料の最後の方に、SE・プログラマーの単価も載っている。それが、権威ある単価だ。

最新の数値は実際にこの「積算資料」を買うなり、図書館で借りるなりして見て頂きたい。積算資料の数値の転載は固く禁じられているので、ここでは少し古い数値をデフォルメして、デタラメな数値を記述する。

システム開発業務

システム開発業務に関しては、受注企業の規模によって単価が分かれている。

従業員1000人以上の企業

従業員1000人以上の企業については、単価は以下の通り。なお、前述の通りこれはデタラメな数値なので、下記の数値自体は意味をなさない。例として捉えてほしい。

技術者区分 単価(人月)
プロジェクトマネージャ 155.1万円
システムエンジニア1(要件定義SE) 136.8万円
システムエンジニア2(設計SE) 112.7万円
プログラマ 94.0万円

従業員500人以上1000人未満の企業

従業員500人以上1000人未満の企業についての単価は以下の通り。

技術者区分 単価(人月)
プロジェクトマネージャ 122.9万円
システムエンジニア1(要件定義SE) 102.0万円
システムエンジニア2(設計SE) 91.5万円
プログラマ 79.4万円

従業員500人未満の企業

従業員500人未満の企業については、単価の表現が地域ごとに分かれている。以下の通り。

東日本

技術者区分 札幌単価 仙台単価 東京単価 名古屋単価
プロジェクトマネージャ 83.5万円 89.4万円 96.6万円 93.7万円
システムエンジニア1(要件定義SE) 74.3万円 76.7万円 86.0万円 82.4万円
システムエンジニア2(設計SE) 60.8万円 62.0万円 71.0万円 69.7万円
プログラマ 52.7万円 54.7万円 62.6万円 60.6万円

西日本

技術者区分 大阪単価 広島単価 高松単価 福岡単価
プロジェクトマネージャ 90.0万円 82.0万円 78.7万円 84.2万円
システムエンジニア1(要件定義SE) 74.3万円 71.2万円 67.9万円 71.2万円
システムエンジニア2(設計SE) 65.7万円 61.7万円 59.0万円 61.8万円
プログラマ 57.8万円 56.3万円 53.1万円 56.0万円

システム運用業務

システム運用技術者については、会社規模ごとの区分けは無く、札幌・東京・名古屋・大阪・福岡の地方ごとに分かれているのみだ。技術者のレベルも、2段階になっている。

技術者区分 札幌単価 東京単価 名古屋単価 大阪単価 福岡単価
システム運用技術者1
(チームリーダー格の人員)
65.3万円 73.0万円 69.5万円 66.7万円 64.3万円
システム運用技術者2
(チームメンバーの人員)
48.8万円 59.3万円 52.1万円 50.9万円 47.3万円

権威を活用しよう

積算資料は歴史と権威のある本だ。SE・プログラマーを雇う際には社内稟議などが発生すると思うが、この本の権威をうまく使って調整コストを軽減して頂きたい。

最新の積算資料をAmazonで検索

以上。


売掛金を即現金化する(ファクタリング)