資金繰りは、中小企業の経営にとっては永遠のテーマですよね。その資金繰りに苦しくなってきたら、絶対にやるべきことがあります。ファクタリングです。

売掛金を即現金化する

ファクタリングとは、売掛金を第三者に売却して現金を得ることです。売掛金って、60日とか90日とか経ってから現金が入ってくるじゃないですか。それが、即日現金になるんです。

もちろんいいことばかりじゃなくて、デメリットもあります。それは、いくらか割り引かれて買い取られること。たとえば、1000万円の売掛金を売るなら20万円引かれて980万円で買い取られるとか、そんな感じになります。

でも、資金繰りに苦しむ中小企業の社長さんにとって、当座の現金の悩みから解放されることの価値は大きいでしょう。プライスレスな価値と言ってもいい。最大の悩みから解放されるのですから。

資金繰りに費やしている時間は何時間?

あなたは資金繰りに毎日何時間をついやしていますか?資金繰り表を見ながら、毎日1時間も2時間も悩んでいませんか?銀行に追加融資を申し込んで断られ続けていませんか?「融資は考えないこともないけど、それなら事業計画書を作れ」って言われて、どう作ればいいかわからず悩んでいませんか?銀行に何度もリスケを申し込んで断られていませんか?

そういう苦しみは、ファクタリングを導入することで解決できます。売掛金を売れば現金を手に入れられるのです。ファクタリングを導入しましょう。

本業に全力を注ぎ込もう

そしてその資金繰りの悩みから解放された余力を、本業の商売に注ぎ込んで、よりたくさんの売り上げを上げ、儲けを出せばいいのです。もちろん状況によるでしょうが、資金繰りに悩みたくて商売をやってる社長さんなんていませんよね。商売やってる人なら、資金繰りなんていう面倒なことよりも、大好きな本業の商売をやりたいはず。大好きなことをやってれば、売り上げはついてくる。売り上げが上がれば、儲けもついてくる。それが自然な姿でしょう。

資金繰りに悩むのはもったいないです。本業に集中しましょう。そして、その本業に集中するための手段がファクタリングなのです。

申し込みは簡単

そのファクタリング、実は申し込みはものすごく簡単です。たとえば「資金調達プロ」というサービスがあります。
運転資金の調達なら資金調達プロ

上記リンク先に行くと、翌月・翌々月の売掛金残高とかを入力するフォームがあります。そこに入力すると、すぐに調達可能見込み額が表示されます。しかも、この見積もりは無料です。

ファクタリングについてもっと細かいところを知りたい方は、ファクタリングとは何か(売掛金の売却)の記事もどうぞ。一歩踏み込んでファクタリングの取引について説明してあります。

そんなわけで、資金繰りの悩みはなるべく少なくして、社長は本業に専念しましょう!

運転資金の調達なら資金調達プロ


売掛金を即現金化する(ファクタリング)
ファクタリング関連記事: