いつも会計関連のことを書いているこのブログですが、どうしても気になったので今日はパソコンのことを書きます。いよいよWindowsXPがサポート切れになったってやつ。

もうムリっしょ

もう、WindowsXPはマイクロソフトから守られていません。さすがに使い続けるのはムリっしょ。いやほんとに。だってもうパッチ当たらないんだもんね。

それでも目先のお金が工面できなくて仕方なく使い続ける。そんな会社もあることでしょう。でもそれって負け組みの象徴っしょ。だって前々からわかってたコストだもんね。経営としてそれってどうなのって言いたくなります。

そんなわけで、もしあなたの会社がWindowsXPを使い続けているのなら、ちょっと経営層の能力を疑ったほうがいいかも。リクルートエージェントとかイーキャリアとかにとりあえず登録するとか、ちょっとリスクヘッジした方がいいかもしれません。だって、いつウイルスの感染源になって取引先に大迷惑をかけて信用を失うかわからないわけでしょ。常に危険と隣り合わせっすよ。

当ブログの来訪者の15.94%がWindowsXP

で、そんな危険な環境に身をおいている会社はどんくらいあるのかというと。直近一ヶ月で、当ブログの来訪者の15.94%がWindowsXPを使用していました。15.94%。多いよね。かなり多いですよこれは。このブログは会計用語の意味を調べて飛んでくる方がほとんどなので、大多数は会社内で検索しているはず。なので、この15.94%はそのまんま、日本企業のWindowsXP使用率と思っていいんじゃないかと思います。大雑把に言えばね。

せめて、上司に提案しては?

まーいきなり転職活動ってのは大げさかもしれませんが、せめてWindowsXPを捨てるための努力はしてもいいかもしれません。PCメーカーの見積もりを取るとか。

例えば、lenovoのThinkPad Edge E530cなんかは69000円から買えます。これは中小企業向けPCなので、このまんま買っちゃってもいいと思いますよ。

他には、dellとかも老舗ですね。
デル 法人のお客様 Top
デル株式会社

あと有名どころではHPなんかもあります。【HP】買うよりお得!ゼロリースキャンペーン!なんかもあるので契約的には使い勝手がいいかも。
HP法人向けトップページ

なんとかWindowsXPは捨てて欲しい!!

そんなわけで、WindowsXPはなんとか捨てて頂きたい。経営者の方々、どうか賢明な判断を。


売掛金を即現金化する(ファクタリング)