「総資本」ってコトバがありますね。経営分析の初歩でたまに出てきます。あんまり改めて説明されることがないくらい基本的なコトバですが、だからこそ知らないといろんなことが何が何だかわからなくなっちゃいます。説明しましょう。

資本の全て

総資本とは、会社にあるモノ全てを金額換算して合計した数値です。貸借対照表(BS,B/S,バランスシート)ではそのまんま「総資産」と書かれたり「負債純資産合計」と書かれたり「資産合計」と書かれたりします。

実例として、トヨタ自動車の2013年3月期の貸借対照表を見てみましょう。このリンク先のPDFファイルの2枚目・3枚目です。2枚目が借方、3枚目が貸方になっていますね。

2枚目だと、これが総資本です。
toyota_bs1

3枚目だと、これが総資本です。
toyota_bs2

学術上の定義は色々とあるのですが、あんまり細かいこと書くと余計わけがわからなくなるのでこれだけにしときます。ともかく、「会社にあるモノの価値の総合計」ってことです。


売掛金を即現金化する(ファクタリング)