私は東武スカイツリーライン(旧東武伊勢崎線)沿線の草加市民でございます。そして職場が新宿にあります。これまでは草加~(スカイツリーライン)~北千住~(千代田線)~西日暮里~(山手線)~新宿と通勤していました。

しかし、3月14日に上野東京ラインが開通になります。これによって、草加~(スカイツリーライン)~北千住~(上野東京ライン)~東京~(中央線)~新宿 という通勤経路が思いつきました。この通勤経路だと山手線の東から西に突っ切るのに中央線快速を使えるから早そうじゃないですか。ちょっと検証してみました。

効果なし!

しかし、検証するにしてもまだYahooとかgoogleとかの経路検索は3月14日のダイヤ改正に対応してません。たぶんぴったり3月14日から検索対象になるんだろうね。でも早く知りたい。なのでJTB時刻表を買ってきましたよ。1183円ナリ。
JTB時刻表 2015年3月号

で、見てみたんですけどね・・・、朝の通勤時間帯の北千住~東京直通の列車は、なんとわずか5本のみ。なんだと!そんなに少ないのか!時刻を書き出してみるとこんな感じです。ついでなので新橋と終点品川の時刻も書いておきました。

  1本目 2本目 3本目 4本目 5本目
北千住 7:43 8:12 8:52 9:10 9:33
東京 8:02 8:32 9:13 9:28 9:53
新橋 8:09 8:36 9:17 9:31 9:57
品川 8:12 8:42 9:24 9:38 10:03

で、今回は1本目の北千住発7時43分、東京着8時02分の電車で考えてみることにしました。

上記の電車に接続するには、草加7時28分発、北千住7時39分着の急行があります。つまり草加発は7時28分でOK。で、東京に8時2分に着いて、中央線快速は東京発8時5分~新宿着8時19分です。

これに対し、私の今の通勤経路である草加~(スカイツリーライン)~北千住~(千代田線)~西日暮里~(山手線)~新宿で、同じく草加を7時28分に出たとすると、草加7時28分発、北千住7時39分着、西日暮里7時51分着、~(山手線)~新宿8時15分着、です。

むぅん。今の通勤経路のほうが早いですね。

その上、上記の通り上野東京ラインの北千住~東京間の本数は極端に少ない。使い勝手が悪すぎます。しかも、帰りに東京~北千住を使おうとすると、普通列車の終電はなんと東京発18時37分。これ、書き間違いじゃないですよ。東京~北千住の直通列車に限ると、終電が午後6時37分発なんですよ。こりゃ現実的な選択肢じゃないね。18時以降に品川から取手方面に出る電車は、わずか12本。終電は東京発時刻が22時59分。25分に一本です。ちょっと使いづらいよね。

そーゆーわけで、通勤先が新宿の東武スカイツリーライン沿線住民には上野東京ラインの恩恵はほとんど無いと言えそうです。混雑緩和効果は多少あるだろうけどね。残念。

あ、ディスってばかりじゃ申し訳ないので、東武スカイツリーラインから品川に通ってる人の場合を調べてみたら、7分程度の短縮になってました。これは嬉しいね。品川勤務っつーとマイクロソフト本社とかがありますね。東武スカイツリーライン沿線住民のマイクロソフト本社勤務さん、おめでとう!!


売掛金を即現金化する(ファクタリング)