副業している人にとって永遠のテーマ。それは、会社に副業してることを隠したいということ。利益がある以上は確定申告しなきゃなりませんが、ボーっとしてると副業が会社にバレてコラーって怒られる可能性があります。

ここにチェックを入れろ

で、よく聞いたことがあると思いますが、バレたくなければ「副業分の税金を自分で納付する」という選択をする必要があります。じゃあ、その選択はどこをどうすれば選択したことになるのだ、と気になってる人が多いと思います。

それは、ここです。国税庁の確定申告書等作成コーナーで一通りの申告書を作成すると、その中に「確定申告書B」ってのがあります。
確定申告書B

その中の下の方に、「給与・公的年金等に係る所得以外(平成27年4月1日において65歳未満の方は給与所得以外)の所得に係る住民税の徴収方法の選択」ってとこがあって、「給与から差引き」と「自分で納付」ってのを選べます。ここで「自分で納付」にマルをつければOK。そうすると、税務署から納付書が送られてきて、それでコンビニとかで支払うことができます。
自分で納付2

「給与から差引き」を選んじゃうと、税額が会社に行って、会社から副業分の税金を支払うことになります。その税額はあなたの給料から天引きになるので会社が損するわけではないのですが、あなたの給料に対して税金が多いということが会社にバレるので、会社は、あなたが副業してるのを把握してしまうというわけです。

そーゆーわけで、色々気をつけながら楽しい副業ライフを過ごしましょう!
確定申告関連リンク:


売掛金を即現金化する(ファクタリング)