確定申告について色々書いておりますが、今回は確定申告におけるやよいの強さについて書きたいと思います。

やよいが圧倒的に強い

見ればわかる。Amazonの確定申告ソフトランキングはこちら。
Amazonの確定申告ソフトランキング

1位、やよいでしょ?しかも圧倒的に。これを書いてる2015年3月15日時点で、確定申告・青色申告ソフトランキングで、1位はやよい。しかも大差です。これを書いている時点で、やよいのレビュー数は65、2位の「やるぞ!青色申告」のレビュー数は37。概ねダブルスコア。多分この順位は、向こう10年位は変わらないと思います。

要するにやよいは圧倒的なんですよ。圧倒的強さなんです。ちなみにこれ、PCにインストールして使うそふととしての「やよい」だけど、やよいは今季からやよいの青色申告オンラインというクラウド型ソフトを強く推しています。つまりはPCにインストールする方のやよいにはそんなに力を入れていないんですよ。それでいてダブルスコアの1位。やよいはどう考えても最強なんです。間違いない。

ちなみに、クライド会計ソフトでやよいと激しくしのぎを削るfreeeは、上記ランキングでは4位。レビュー数は今見たところでは11と、かなり少ないです。

会計ソフトは「長いものに巻かれろ」

会計ソフトって色々あるけど、会計SEとしてハッキリ言います。会計ソフトは、「長いものに巻かれろ」です。たくさん普及しているソフトに乗っかった方がいい。もちろん、過去に他のソフトの経験がある場合は別ですけどね。

基本的に会計処理ってのはどのソフトを使っても同じことをやるわけですよ。どのソフトを使ってもやることは同じなんです。画面表示とかはソフトによって違うけど、税務署に出す紙は絶対に同じになるわけです。

同じことを実現するなら、ユーザがたくさんいた方が改善要望もたくさん出てきすよね。そしてシェアが大きければ会社も大きくて、その要望を満たすための改修人員もたくさん雇えるはず。やよいの会社概要を今見たところではやよいでは541名の人が働いています。やよいはどんどん改修されて毎年使いやすくなっていってる。

また、サポートの人員もたくさん雇えますよね。実際に、やよいには電話サポート部隊だけでも300人の人が居ます(2015年2月時点)。

つまり、これから確定申告ソフトを選ぶ人は、やよいを選ぶべきなんです。私はヘナチョコ会計SEですが、それでも会計に携わる者として断言します。会計ソフトが初めての人はやよいを選ぶべきです。

やよいの青色申告オンラインがオススメ

そういうわけで、私としては初めての確定申告の方々にはやよいの青色申告オンラインを推します。個人会計・確定申告ソフトの世界では、やよいの強さは向こう10年は変わらないと思います。

確定申告関連リンク:


売掛金を即現金化する(ファクタリング)
確定申告関連記事: