昔々、私は中学生の頃、夜は「伊集院光のOh!デカナイト」を聞くのが日課でした。いやー、あれは楽しいラジオだった。伊集院光好きだったなー。

その中の1コーナーに、「身近な冒険王・光」というのがありました。伊集院光がちょっと恥ずかしいことをする的なコーナーで、ある日「30円のインスタントラーメンを10個買うと300円に消費税だから309円になっちゃう(当時は3%)けど、一個づつ買えば消費税は切り捨てられるから300円で買えるので1個づつの会計をお願いする」っていうのをやってました。成功していましたが、これは消費税の脱税です。

一度に計算すべきものを分けてはいけない

消費税を減らす目的で、細切れに会計をする行為は認められていません。財務省のQAに公式に記述があります。
総額表示Q&A Q13 : 財務省

QAにも書いてありますが、上記のようなことを認めると、たとえば100グラム100円の挽肉を10グラムづつ会計すれば消費税は切り捨てられてゼロ円ということになってしまいます。それを認めると消費税を取っぱぐれるので、国としても認めるわけにはいかないんですね。

ま、そんな小ネタでした。脱税っつっても9円ぽっちの話なので、見逃してあげてね。ラジオ面白かったし。


売掛金を即現金化する(ファクタリング)