色々と本を読んでニワカ消費税マニアみたいになっている私ですが、ものすごく素朴な疑問が湧いてきました。それは、「2014年3月末までに消費税5%で仕入れたものを、2014年4月以降に8%で売ってもいいのか」という疑問。

問題無し!

なんというか、5%で仕入れたものは5%で売らなきゃいけないとか、素人目にはなんかありそうじゃないですか。8%で売ったら、なんか売った先に申し訳ないみたいな。

kk2

でも、確認したところでは全く問題ないようです。消費税率が5%か8%かという判断基準は、納品が2014年3月末までか否かが基本で、その他に消費税率等に関する経過措置によって規定されているところを加えて判断すればOK。つまり、経過措置に関係する少数の取引以外は、あくまでも納品日基準で税率を判断すれば良いということです。直感的には、な~んとなく5%で仕入れたものは売る時も5%なんじゃないの?と思っちゃいましたが、そういうことは一切ナシ。あくまでも納品日基準で税率を判断しましょう。


売掛金を即現金化する(ファクタリング)
消費税率等に関する経過措置関連記事: