私が経理をやっている時、どうしてもきちんとした理解ができなかったことがあります。それは、団体に加入した際の「会費」が、消費税「不課税」だということです。

業界団体の会費は大抵「不課税」

「不課税」ってなんなのかよくわからんという方はこちら

仕事をしているといろんな業界団体がありますよね。ああいうのに入った時の「会費」は、消費税不課税なんです。あんまり具体的な団体を書くと怖いのでやめときますが、先輩社員には「とりあえず、『会費は全部不課税って覚えとけばいいよ』」と教えてもらってました。
DZ191_L
なぜそうなるのか、私はわかったようなわからないような、という感じです。前に書きましたが、消費税課税の基準は「国内において事業者が事業として対価を得て行う資産の譲渡や貸付け、役務の提供」です。そして「会費」は、「資産の譲渡や貸付け、役務の提供」を受けていない、という理解だそうです。

確かに、業界団体に入っていても何か貰えるわけではない(貰ったとしてもそれが会費の主眼ではない)し、直接的には役務の提供も受けていないように見えます。でも、業界団体に入れば「○○団体に入っているのなら安心だ」みたいに、信用度が上がったりすると思うんですよ。それは役務じゃないのか?と思ったりします。確かに何か明確な役務を受けてるわけじゃないですけど、でもその業界団体は信頼性を高めるために色んな活動をしているわけじゃないですか。それを役務だと言えば言える気がします。

結局、その「役務と会費との因果関係の強さ」が問題になるのだと思うのですが、まあ、ともかく一般的には会費には消費税はかからないと覚えておけばOKっぽいです。税務の学者さんとかに聞けばいろいろ理屈があるのかもしれませんけどね。フツーの会計SEとしては「会費は不課税!」と覚えているだけでも尊敬してもらえるのでそれでいいでしょう。うんうん。


売掛金を即現金化する(ファクタリング)
消費税関連記事: