消費税簡易課税制度ってのがありますね。今回はその届出書の書き方を勉強してみました。なお、制度そのものの詳細については国税庁のページをどうぞ。

意外と、かなり、簡単。

書いてみたのはこちら。もちろん架空の会社です。
kk_20131016_2_1

とりあえずやって見るかと思ってかいたんですけど、3分くらいで書き終わっちゃいました。楽勝です。やはり中小企業向けの制度ということで、簡単さを意識した制度設計になっているのかもしれません。

見て頂ければわかることですが、書いたのは下記項目だけ。

  • 届出日
  • 届出者住所
  • 届出者名称・代表者氏名
  • 適用開始課税期間
  • 適用開始課税期間の基準期間
  • 基準期間の課税売上高
  • 事業内容
  • 事業区分(国税庁のページ)

kk_20131016_2_2
あ、税務署名を書き忘れちゃいました。管轄の税務署名も忘れずに書いて下さい。

ほんとにこれだけ。簡単ですね。簡易課税制度っつーことで消費税の経理処理はものすごく簡単に済むわけですけど、届出もここまで簡単とは。至れり尽くせりの制度ですね。官僚のみなさんありがとう。


売掛金を即現金化する(ファクタリング)
消費税関連記事: