消費税について色々書いてきましたが、今回の消費税率引き上げについて勉強するために私が読んだ本の中で良かったものを挙げてみたいと思います。

8%対応 改正消費税のポイントとその実務

まずは、8%対応改正消費税のポイントとその実務

8%対応改正消費税のポイントとその実務

8%対応改正消費税のポイントとその実務
著者:熊王征秀
価格:1,680円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

この本はわかりやすかったー。この本の良いところは、解説部分には消費税率引上げの省令の条文をそのまんま書いたりしていないこと。一応巻末には省令も載っていますが、最初の解説はきちんと著者の言葉で書かれています。

今回私は人柱になるつもりで色々と消費税改正関連本を読んだんですが、まー国税庁の文章をそのまんま載せてる本が多いこと。公的文書をコピペして製本して「解説本でござい」とか言われても読者としては困ります。そんなら国税庁のサイト見りゃ用は足りるっつーの。わかりやすい解説が欲しいからこっちは本買ってんだよ。プンプン。

なお、この本は経理処理そのものについて書かれている本です。なので、会計SEというよりは経理部で日々仕訳を切っている方向けの本。会計SEの方も読むべき本だと思いますが、会計知識が皆無だと若干厳しいところがあるかもしれません。まあ、チャレンジする価値はあるとは思います。

消費税改正の要点とシステム対応

次に、消費税改正の要点とシステム対応

消費税改正の要点とシステム対応

消費税改正の要点とシステム対応
著者:岩谷誠治
価格:2,730円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

岩谷誠治本にハズレなし。この本の著者の岩谷誠治さんは、子供向け(中学生くらい?)の会計本である国語算数理科しごとという本も書いていらっしゃる方です。

国語算数理科しごと

国語算数理科しごと
著者:岩谷誠治
価格:1,575円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

もしあなたが会計のことが全く分からないSEさんだったら、まずはこの国語算数理科しごとを読むことをお勧めします。なにしろ子供向けなのでわかりやすい。仕訳の基礎の基礎を理解することができます。とっかかりとして最適。この本を読んだ上で簿記3級とかを勉強し始めるとかなり入りやすいと思います。

で、消費税改正の要点とシステム対応。この本はその名の通り、消費税改正におけるシステム対応に主眼を置いた本です。まさに会計SEのための本。ありがたいです。会計システムだけではなく、営業系のシステム等への影響もきちんと考察されており、ユーザ企業全体のシステムに対する影響を考えるための土台となってくれます。消費税改正対応をするSEさんなら、この本は何が何でも読みましょう。

そんなわけで、私のお勧めは2冊+1冊。8%対応改正消費税のポイントとその実務消費税改正の要点とシステム対応がお勧めで、もし今のあなたに会計知識が無いのであれば、この2冊を読む前に国語算数理科しごとを読みましょう。

せっかく頭の良い人が事前に頭をひねって考えてくれてるわけですから、その知識を吸収しない手はありません。是非とも読みましょう!

8%対応改正消費税のポイントとその実務

8%対応改正消費税のポイントとその実務
著者:熊王征秀
価格:1,680円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

消費税改正の要点とシステム対応

消費税改正の要点とシステム対応
著者:岩谷誠治
価格:2,730円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

国語算数理科しごと

国語算数理科しごと
著者:岩谷誠治
価格:1,575円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


売掛金を即現金化する(ファクタリング)
消費税関連記事: